ガッチャJPご利用案内
ガイドに不明点などございましたら
お問い合わせからご連絡ください。

ガッチャJPとは? > ガッチャのサービス名について

ガッチャのサービス名について

最初のサービス名候補は「ばいまん」でした

2010年8月、遊戯王カード専門のマーケットプレイスとしてオープンしたガッチャJPは下記の流れでサービス名が決まりました。

「ガッチャ!楽しいデュエルだったぜ!」とは TVアニメ『遊戯王デュエルモンスターズGX』の主人公・遊城十代の決め台詞。
「ガッチャ(gotcha)」の意味は「了解!」「よっしゃ!」「捕まえた!」

この言葉は、”I’ve got you!”の崩れたもの(got you→got ya→gotcha)で、
「あなた(の言葉)をGETした!」ということから、このような意味として使われます。

この遊戯十代の決め台詞から、ガッチャJPのサービス名はつけられました。

他の候補として、
合同会社はねまんが運営する「はねまん」の次期サービスなので、「ばいまん」にしようという案がありましたが、
ドメイン(URL)が「buy-man」となり、人身売買が想起されてしまうことから却下となりました。

2013年10月には、「ヴァンガード」の取り扱いを開始し、
トレーディングカードマーケットプレイスとして踏み出しました。

『ガッチャ』は全てのトレーディングカードユーザーに「ガッチャ!」出来るように全速前進しています。

以上で「ガッチャのサービス名について」のガイドは終了です。何か不明点・疑問点などございましたら、お問い合わせよりご連絡ください。

▲Topへ